面接で聞かれる「逆質問」を乗り越えよう!

面接

こんにちは!

今回は、面接の最後でよく面接官から言われる

「最後に何か〇〇さんの方から聞きたいことがありますか??」

いわゆる、「逆質問」の攻略法を紹介します!

長いので、先にまとめを掲載しますね!

・”Yes No”で答えられるような質問をしない
・なぜその質問をするのか、理由を用意する
・特に聞きたいことがなければ、例①~③を参考にする!

こんな悩みのある方に

インターンや本選考の面接時に、

「やばい、思ったよりも逆質問の時間が長くて質問の弾が切れそう💦💦」

といった経験、ありませんか??

また、選考が進んでくると、

「役員面接の逆質問では何を聞けばよいんだろう・・・」

といった悩みがでてくることがあると思います。

これらの悩みを解決すべく、どのような質問をすればよいのか、その一例を紹介していきます。

 

逆質問ってなぜあるの?

そもそも、逆質問ってなんであるんでしょうか。

ネットで紹介されている人事の話によると、主に3つの側面があるみたいです!

具体的には

①学生の疑問に率直に答えてあげたい

②今後の採用活動の参考にしたい

③質問から、学生がどのくらい会社のことを調べているか(≒志望度)を測る

です。以下、簡単に説明します。

 

①は、単純に学生側の疑問に答えることで、お互いが納得できる形で入社してもらいたいという意図があるようです。

また、②では、学生側からよく聞かれる内容について、今後の採用説明会に活かしたいという意図があるかもしれません。

気を付けなければいけないのが③です。

学生側の質問から逆に学生側のことを知ってしまおうという目論見がみえますね💦💦

 

大学生活において、皆さんも、”質問をすることの難しさ”というのは重々実感されていると思います。

大学の授業や、ゼミ、研究において、質問ってなかなかできませんよね・・・(私もそうです)

そうです、「質問は、自分がある程度わかっていないとできない」のです(´・ω・`)

 

ということは、面接官に「何か質問がありますか?」と言われた際に、

「特にありません!💦」

と答えてしまうと、、、

(あ、この学生はあまりうちの会社に興味がないのかもしれないな・・・)

って思われてしまいかねません!

 

また、質問の内容も重要です。

なんでも質問すればよいっていうものでもありませんよね。

 

例えば、

「御社の従業員は何人くらいですか?」

「御社の売上高を教えてください!」

などいう質問は、相手に

(企業のHPに書いてあるようなことも調べてないのか・・・)

という疑念を抱かせてしまう可能性もありますよね💦

 

このように、企業からすると、

逆質問は選考における大切な時間

と見ることができますね!!

逆質問をする際の3つの鉄則

では、具体的に逆質問を行う際に、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

私の考える、鉄則は3つあります!

一.  企業HPに載っていることは聞かないべし

これは、上で述べたことに関連します。
面接官に
「この学生は、当社への志望度が高くないのかな」
と思われてしまうと、よくありません。
予めHPの内容を熟読し、自分が行う予定の質問がHPに載っていないかどうか確認しましょう。

二.  「Yes No」で答えられないような質問にするべし

質問の仕方はいくつかありますが、相手に「Yes No」で答えられる質問は避けましょう。
学生にとって、逆質問の時間は早く終わってほしいものです。その際、
質問1問でどれだけ相手に長く答えさせるか
というのも大事になってきたりします。
例として、以下の2つの質問を比べてみましょう。
「現在のお仕事はお忙しいですか??」
「現在のお仕事で最も大変なことは何ですか??」
内容としては、大差ありません(笑)
しかし、質問に対して得られる回答量が異なる可能性が高いのです。
上の質問の場合は、「はい、忙しいです」「いや、意外と忙しくないのです。」の2つに回答が限定されてしまい、特に忙しくないパターンの場合、そこで回答が終わってしまい、すぐに次の質問を投げかけなければいけないリスクが生じます。
このように、「Yes No」で答えられるような質問の聞き方はお勧めできません。
一方、下の質問の聞き方の場合、面接官の仕事の忙しさに関わらず、今の業務の中で最も大変な内容を具体的に話してくれるでしょう。この時間を使って、別の逆質問を用意したりすることができます(私は、面接官のお話は相槌だけしてほとんど聞いていませんでしたw)。
質問の仕方を少しだけ変えることで、逆質問の難易度がガラッと変わりますよ!!

三.  その質問をする理由を考えるべし

最後に、「なぜ自分がその質問をするのか」ということを考えてみましょう。
これにはいくつか目的があって、
  • 自分のアピールしたい内容と矛盾した質問をしないため
  • 面接官から質問の意図を聞かれた際に答えるため

の2つが主な目的です。

例えば、A君が

「御社の残業時間はどれくらいですか??」

という、よくありがちな質問をしたことについて、少し考えてみましょう。

”なぜ、A君は残業時間について質問をしたのでしょう??”

・・・・・・・・・

A君は必要以上に働きたくないと考えているから

というのが、1つの答えになりませんか??

 

面接官も、きっと同じことを考えるはずです。

 

つまり、

「御社の残業時間はどれくらいですか??」

という質問によって、面接官に

「この学生は、時間にタイトなのかな?」

「この学生は、あまり働きたくないのかな?」(ブラック感が少し漂いますが・・・)

などという印象を与えることになります。良いか悪いかは別として。

 

もしA君が、まじめで勤勉であることをアピールしているのならば、上記の残業の質問と少し矛盾しているようにとられかねません。

このように、自分がESで書く内容・アピールしたい内容が、逆質問の内容と矛盾していないかを確認するため、質問の意図を自分で考えるのは大切です。

※質問の意図と、アピール内容が多少ずれていても問題はないと思います。”矛盾”だけはしないようにしましょう。

また、一部の企業(NRIなど)では、逆質問をした意図を面接官が聞いてくる場合があるので、事前に考えておくことで、その場合の対策にもなりますね(((o(*゚▽゚*)o)))

逆質問の例

上記の鉄則をもとに、私が色々な企業で用意していた逆質問の例をいくつか紹介します。

特に逆質問で聞きたいことがない場合は、思考停止で以下の例①~③をそのまま聞くのも1つですよ!(´・ω・`)

例①

ご自身が最初に配属されたプロジェクトで直面した問題と、それをどのように乗り越えたか、教えていただけますか?
この質問は、どの企業に対しても頻繁に使っていました(=十八番です笑)。
この質問を行う理由としては、以下を用意していました。
「自分自身、配属されたときに直面するであろう問題を今のうちからイメージしておき、御社に入社する前に準備しておきたい」

例②

ご自身のこれからのキャリアにおける目標を教えていただけますか?
これも、どの企業でも使える質問ですね!
自分自身のキャリアを考える上で、参考にもなりますし。

例③

会社に対する要望・不満等があれば教えていただけますか?
この質問は、上の2つの質問に比べると少し尖った内容ですが、一番面白い回答を聞くことができそうな質問でもありますね(笑)
この質問をした理由・・・まず聞かれないでしょうが、以下のような内容を用意していました。
「御社の良いところだけではなく、改善すべきところも事前に把握することで、自分の中で納得して入社したい。御社の良いところは、説明会を通して、十分に把握できた。ただ、改善すべき点に関しては、中々把握できる機会が少なく、このような貴重な機会を利用してお伺いしようと考えた。」

まとめ

いかがだったでしょうか。

逆質問も、少しだけ準備をすれば何も怖くはありません!

最後に、再度まとめを読んでいただければと思います。

・”Yes No”で答えられるような質問をしない
・なぜその質問をするのか、理由を用意する
・特に聞きたいことがなければ、例①~③を参考にする!
長文失礼しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました